本文へスキップ

耐熱・耐磨耗鋼・熱処理治具 日光金属株式会社

TEL. 0287-47-4581

〒329-1571 栃木県矢板市片岡2066-2

会社概要COMPANY

社名
日光金属株式会社
代表者
代表取締役 佐藤 英俊
設立
1989年
従業員数
95名(2017年8月現在)
資本金
7000万円
本社所在地
〒329-1571
栃木県矢板市片岡2066-2
→アクセス
TEL 0287-47-4581
FAX 0287-47-4582

沿革

平成 元年 12月
『日光金属株式会社』設立。資本金1,000万円
平成 2年 
代表取締役 佐藤英俊が竃セ賀屋鉄鋼所 鋳鋼技術20年の経験から栃木県河内郡上河内町に鋳造工場建設。
熱処理治具(耐熱鋼)の生産開始。

(販売部門『株式会社サンコーマテリアル』 を分離設立。)
平成 3年
材料分析機、アムスラー引っ張り試験機設置。
住友重機械ハイマテック(株)から技術支援を受ける
平成 4年
ゴミ焼却炉部品の生産開始
平成 5年
砂処理設備更新
平成 7年
耐カジリ材の生産開始。複合金属材料の特許取得
平成10年
熱処理炉メンテナンス工事の請負開始
平成11年
工場隣接地3,200uを購入。溶接治具の社内生産を開始
平成13年
耐磨耗鋼の生産開始。プラズマ窒化装置設置。
栃木県矢板市の工場を買収。
平成14年
栃木県矢板市に工場、本社を移転する。
工場内に社員寮建設。
平成15年
中期5ヶ年計画スタート
平成17年
3D CAD(3台)導入。木型自動倉庫(200パレット、1,000型分)新設。
バインダーをアルカリフェノールに変更。
造型ライン増設(第一期分)。熱処理炉設置。
平成18年
CAM及び、MC木型型彫り機導入 木型の社内製作開始。
砂処理プラントにリクレーマー導入。
平成19年
凝固解析機導入。
湯流れ解析機導入。
平成20年
資本金を4,000万円に増資。
鋳砂を桂砂からアルミナサンドへ変更。
平成25年
栃木県矢板市に片岡工場新設
資本金を7,000万円に増資。
カンボジア・プノンペンにロストワックスの工場を開設する。
平成26年
中央研究所発足。
平成29年
栃木県矢板市片岡に本社を移転する。

バナースペース

日光金属株式会社

〒329-1571
栃木県矢板市片岡2066-2
TEL 0287-47-4581
FAX 0287-47-4582




日光金属株式会社


栃木県矢板市商工会ホームページ開設支援
事業認定ホームページ


当社の様子はFacebookをCheck!